周りの目を気にしなくする方法はこれ以外無理!書籍で10万以上使った私が教える解決法を暴露

日本人は周りの目を気にしている人がとても多いです。

かくいう私も周りの目を気にしすぎたことが原因で仕事も家庭も失っています。

では、そもそも「なぜ周りの目を気にしてしまうのか」その原因と、どうすれば周りの目を気にせず自分に自信を持てるようになれるのかを紹介していきます。

本を読んだり、考え方を変えるなど抽象的な情報よりも、私が実際に克服した体験談からの情報なので是非ご覧下さい!

 

周りの目を気にしてしまう原因を紹介!

 

ではまず、人の目を気にしてしまう原因を紹介していきます。

 

自信が持てない

 

定番ですが自分に自信がない人は周りの目を気にしてしまいます。自分の生き方に自信がないから、いちいち周りの目が気になります。

自信がないから自分の意見や行動ができず、「これをしたら周りからどう思われるんだろう。」と気にしてしまいます。

 

ようは「自分がない」ということです。

人それぞれ考え方や生い立ちがあるのでどんな人生を歩もうと勝手ですが、最後の最後には「もっと自分らしく生きればよかった」と思うでしょうね。

 

自分軸がなく他人軸

 

自分軸がなく他人軸で生きている人も周りの目が気になってしまいます。

自分軸というのは「これだけは譲れないという信念」があり、その信念をベースに意見や行動できます。

なので、他人に批判されようが「それはお前の意見だよね」と思えるようになります。自分自身を認めている状態なので、他人からの評価など気にしません。

 

一方、他人軸というのは、他人の評価をベースに生きている人です。

他人からいい評価をもらえるような意見や行動をとり続け、常に他人の顔色を伺っている状態です。

この生き方の不幸なところは、他人の評価を取り続けなければいけないことです。

いい評価を取り続けるのもしんどいし、いい評価を取れなかった時に自分を責めるなど、「THE不幸な生き方」という感じです。

 

嫌われたくない

 

周りから嫌われたくないと強く思っている人は、周りの目が気になってしまいます。

嫌われたくないと必要以上に思っている人は批判を浴びないよう、周りと同じ意見や行動を取ります。

ただ、周りと同じ意見や行動を取っている時点で毎日ビクビクしているので、生きてるだけで辛いという状態になります。

 

過去の辛い体験

 

過去に友達に仲間はずれにされたり、陰口を言われていたり、大勢の前で恥をかくなどの体験をした人は、周りの目を気にしてしまう原因となります。

私も、過去に、陰口や大勢の前で恥をかいたことから周りの目がとても気になりだしました。

 

このような辛い体験をすると「もう同じようなことは経験したくない」と思ってしまい、周りと違う行動が取れなくなります。

ただ、これも毎日ビクビクして生きている状態なので、とても神経が疲れます。

 

自分のことばかり考えている

 

結局、周りの目を気にするのは自分のことばかり考えているからです。

自分がどう見られているかをひたすら気にしているから、周りの目を気にしてしまうのです。

 

「他人のことを考えている」ということではなく、「他人から自分はどう見られているか」という自分起点で考えていることから、自分のことしか考えていない状態です。

この状態から解放されると、「どうすれば相手の役に立てるか」「こうすれば喜ぶんじゃないか」と他者視点になります。

 

思い込みが激しい

 

周りの目を気にしている人はとにかく思い込みが激しいです。

他人が笑っているのを見ると「自分は笑われているのでは?」と気にし、相手の機嫌が悪いと「自分のせいでは?」など、悪い方に悪い方に考えてしまいます。

 

私も、よくこれらを気にしていましたし、飲み会で誰かが来なかったら、「自分が来たから?」とネガティブになっていました。

なんでもかんでも「自分のせいでは?」と思っているので、本気で生きづらかったですね。

 

周りの目を気にしてしまう人の特徴を紹介!

 

原因がわかったところで、次は周りの目を気にしてしまう人の特徴を紹介していきます。

 

プライドが高い

 

プライドの高い人は周りの目を気にしています。そもそもプライドが高い人はバカにされたくない気持ちが強いため、周りの動向をとても気にしています。

「自分を認めてほしい」「尊敬されたい」「評価してほしい」という気持ちが強いため、四六時中他人の反応を意識しています。

 

そのため、自分がやりたいことよりも他人から評価されることにフォーカスしてしまいます。

さらに、プライドが高いことから、周りの目を気にしていることもバレたくないと思っています。

 

他人と比べて疲弊している

 

周りの目を気にしている人はよく他人と比べて疲弊しています。

周りの目を気にしている人は他人の反応が気になっているので、自分だけできないことがあると落ち込んでしまいます。

落ち込むことで劣等感を抱き、さらに自信を失っていきます。常に周りと比べているので、一向に気が休まらず、疲弊していくのです。

 

よく嫉妬する

 

周りの目を気にしている人は、常に他人と比べているのでよく嫉妬しています。

友達に恋人が出来たり、結婚の報告を聞いても素直に喜べず、劣等感から嫉妬をしてしまいます。

そして、周りの反応を気にしているため、この嫉妬心を隠します。

 

周りの目を気にしすぎることで起きる弊害!

 

続いて、周りの目を気にしすぎると起きてしまう弊害をここでは紹介していきます。

 

責任転嫁をしてしまう

 

周りの目を気にしてしまう人は被害者意識があるので、責任転嫁をしてしまいます。

なぜ被害者意識があるかというと、周りと同調するための意見や行動なので、それで失敗したり批判されたりすると、他人のせいにするのです。

 

自分の意志で行動しなかったため「あの人の言う通りにやったのに失敗した。私は被害者だ。」という気持ちになります。

この被害者意識は納得いく解決方法がないので、どんどん心の中で溜まっていきます。

 

しかも、自分が失敗したことを他人のせいにしているので、そこから出てくる問いが生まれないので、人間として一向に成長しません。

このようなことがあるから、周りの目を気にせず行動した方がいいのです。全て自己責任なので、成長スピードは格段に上がります。

 

自分の人生を生きれない

 

周りの目を気にしている人は、自分の人生を生きれなくなります。

周りの目を気にすると人と違った行動ができないため、周りから批判されない選択をしてしまいます。

 

進路・就職先・結婚相手・子供の人数などの選択を自分の気持ちを度外視して、世間体だけで選んでしまいます。

ひたすら世間体を気にした選択をし続けることにより、どんどん生きづらくなっていきます。

今、あなたが人生に悩んでいる原因は、世間体を気にした選択を取り続けてきた結果です。

 

時間をムダにする

 

周りの目を気にすることは時間のムダとなります。

常に周りからどう見られているかを考えて、悪いことを想像したり、不安に感じビクビクしているので、目の前のことに集中ができません。

時間というのは2度と戻ってきません。その貴重な時間を答えのないものに対しあれこれ考えてるのは時間のムダ以外ありませんね。

 

心も体も休まらない

 

周りの目を気にすると他人に嫌われないため、「いい人」を演じ続けることになります。

「いい人」演じると何も断れなくなり、忙しいのに、さらに仕事を振られたり、やりたくないことも頼まれたりと疲弊していきます。

 

休日もそんなに会いたくない人からの誘いも断れないなど、常に心も体もヘトヘトに疲れきってしまいます。

しかも、これだけ「いい人」を演じていても、陰で悪口を言われているものですから、訳が分かりません。

 

人から信用されない

 

周りの目を気にする人は批判されないために、ひたすら相手に同調します。最初はいいのですが、だんだん相手は「この人は自分がないんだな」と思われてしまいます。

そうやって、どんな意見にも同調していると「この人は信用できない」と思われてしまうのです。

同調することは悪いことではないのですが、自分の意見も言わないと、周りに誰もいなくなるといった事態が起きます。

 

本当の幸せを手に入れられない

 

周りの目を気にする人は、他人を基準にして幸せか不幸かを決めているので、本当の幸せを手に入れることができません。

 

  • 金持ちになったら幸せ
  • キレイになったら幸せ
  • 恋人ができたら幸せ

 

これらは「他人よりも優れていたい」という裏心理があります。

周りの目を気にしていない人は、これらが手に入らなくても幸せです。

 

反対に周りの目を気にしている人は、常に他人よりも幸せでありたいと願っています。

こういう生き方は不幸の始まりで、上には上がいるので、その人間を見て勝手に不幸になります。このことから周りの目を気にしている人は一生幸せにはなれません。

 

では、一体どうすれば周りの目を気にしないようになるのか?斬新すぎる解決方法を紹介!

 

ではここから一体どうすれ周りの目を気にしなくて済むようになるかを紹介していきます。

 

まず世の中の情報としてこれらがあります。

 

  • 自分のことではなく、相手を想う
  • 自分の意見を大事にする
  • 全員に好かれようと努力しない
  • 自分を認めてあげる
  • 人と自分を比べない
  • 嫌われることを恐れない

 

これらが周りの目を気にしなくなる方法です。挙げられています。

 

「うん。確かに間違ったことは言っていない。けどこれができないから周りの目を気にしているんだよね。。。」って話です。

正直、これを平気で言える人間は周りの目をそこまで気にしてなかった人とすら思えます。

 

これらの情報や自己啓発本を読んで変われる人間は、もともと自己肯定感が高い人です。

巷で言われている情報や自己啓発本を見て変われるなら、こんなにも多くの人間が周りの目を気にして生きていないよって話です。

 

私やあなたのような生粋の「周りの目を気にしてしまう人」は、何かの情報を見るだけでは変われません。

私は、何年も10万以上かけていろいろな書籍を読みましたが、全く変われませんでした。

まあ、読んだ瞬間は変われそうな気になりますが、1週間も経てば何が書いてあったのかすら覚えていません。

 

では一体変われない人は、どうやって変わればいいのかというと、「自力でお金を稼ぐ」ことです。これ以外もう無理です。

こんなことは言いたくありませんが、世の中お金です。しかも日本人は拝金主義なので、お金を稼ぐことは何よりも自信になります。

 

そもそも、なぜ日本人が拝金主義と言えるかというと、多くの人がお金持ちを嫌っているからです。自分もお金持ちになりたいから嫉妬しているのです。

人生はお金じゃないと言いながら、陰ではお金について話していたり、考えたりしています。

 

私たち日本人はとにかくお金というものに意識を奪われています。だからこそ、お金を稼ぐことにより自信が持てるようになります。

さらに自力でお金を稼げるようになれば、環境を変えられることができます。実際に環境を変えなくても、「いつでも変えられる」という選択肢があることが大事です。

 

私は、周りの目が気になって仕方ありませんでしたが、自力でお金を稼げるようになり、自分に自信が持てました。

このようにネット上で自分の想いを発信できてるのも、自力でお金を稼いだことによる自信からです。

 

ネットで発信すると誹謗中傷やバカにされる可能性があるので、周りの目を気にしている人はまず無理です。誰かにバレる可能性もありますしね。

自力でお金を稼ぐ以外に治る方法はないので、さっさと行動しようという話です。

20年以上周りの目を気にして、何十万と書籍にお金を使ってきた私が言うので、間違いありません。本を読んで治すとか無理です(笑)

 

それから、自力でお金を稼ぐと視野が広がることも大きなメリットです。

1度でもお金を稼ぐ経験をすると「これもできるんじゃないか。こうすれば効率が良くなるのでは」と考えられるようになります。

 

普通の会社員は自力でお金を稼いだことがないので、嫌でも職場で活躍できるようになります。

たった月1万円でいいのです。それで人生は劇的に変われます。給料以外で手に入れたお金は一生の財産になります。

 

また、周り目を気にしていた経験も財産になります。周りの目を気にしていた経験があることから人の気持ちを察せるようになります

よく人を観察しているので、ちょっとした態度や表情・雰囲気で相手が何を考えているのかが何となくわかります。

ですので、相手の欲しい言葉を言ってあげたり寄り添ってあげることができます。ネット上で、自分の経験談を書いて助けてあげることもできます。

 

という訳で、本やネットの情報を見てムダに時間を過ごすより、自力でお金を稼いで治してください。

老後2000万円問題もあるので、遅かれ早かれ自力でお金を稼げるようにならないといけません。

周りの目を気にして毎日辛い日々を過ごしている人の気持ちは痛いほど分かるので、自力でお金を稼いで、幸せになってください。

 

まとめ

 

結局、周りの目を気にしなくする方法は自力でお金を稼ぐことです。

自分の力でお金を稼ぐというのは簡単ではありません。地道な作業をコツコツ継続しなければいけません。

だからこそ、その過程で色々と自信が宿っていくのです。

 

本を読んでも変わりません。本を読んで変われるのであれば、昔の私はとっくに変われたハズです。

もし、変わりたいという意思が強い人であれば、私のノウハウや知識を全て教えますので、無料メルマガに登録して下さい。

自分に自信をつけて、たった1度の人生を悔いなく生きましょう。

 

それから、もしアドセンスで稼げないと悩んでいるのであれば、私の無料メルマガを登録して頂ければ幸いです。

私のプロフィールを見て頂ければ分かると思いますが、現在もアドセンスで飯が食えるだけの稼ぎを得ています。

その手法を無料メルマガで配信しているので、必ずや登録して稼ぐ力を身につけてください。


無料メルマガはいつでもメール内のURLより解除できます。

 

ではまたお会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)